• ホーム
  • プリリジーを使って大丈夫?併用禁忌をチェック!

プリリジーを使って大丈夫?併用禁忌をチェック!

恋人や夫婦の仲を深めるのには性行為は役立ちますが、それが負担と感じる人もいます。
男性の性の悩みでは射精が早く終わる早漏もあげられますが、その原因のひとつには脳内のセロトニンが不足し、過剰な興奮を抑えられないとうことがあげられます。
過剰な興奮を抑えるためには焦らず、リラックスすることも大切ですが、落ち着こうとすればするほど焦りが出てしまう人もあります。
セロトニンを作り出すにはトリプトファンが良いとされていますが、食事から摂れるトリプトファンの量はそれほど多くはなく、即効性が期待できるわけではありません。

早く悩みを解消したい場合はプリリジーを試してみることもおすすめです。
個人差はあるものの、性行為の前に服用することで、射精の時間を3~4倍程度延ばせるとされている薬です。

プリリジーは有効成分をダポキセチンとしており、セロトニン再取り込阻害薬に分類されます。
元々は抗うつ剤として開発されていた成分ですが服用していた人の射精の時間が長くなるという症状が見られたために早漏改善薬として利用されるようになりました。
再吸収を阻害することでセロトニンの濃度が高まり不安や緊張を引き起こすドーパミンやノルアドレナリンという神経伝達物質の働きを抑え、射精の時間を長くすることが期待できます。

ダポキセチンを含むプリリジーは副作用も少なく安全性に優れた薬ですが、それでも注意しなくてはいけないことがあります。
使用方法や副作用は服用前によく確認しておきましょう。

そして、併用禁忌もある薬ですので、すでに治療で薬を飲んでいる人は併用禁忌薬がないかも確認しておく必要があります。

元々抗うつ剤として開発されてきたプリリジーはセロトニンの分泌を活発にし、ノルアドレナリンの分泌を抑えます。
それゆえ、同じような効果のある薬とは併用することができません。

このほかでは抗真菌薬や抗HIV薬なども併用禁忌となっています。
薬を飲んでいる人や治療中の人、健康に不安のある人は医師に相談しておくとより安心です。

服用方法を守って、早漏を改善していこう

プリリジーを安全に使うためには、併用禁忌薬がないかをよく確かめておく必要がありますが、重度の心臓病の人や高度の腎臓障害、肝臓障害がある人も使用は好ましくありません。
さらに躁病やてんかんの発作を起こす人も注意が必要です。

年齢では、20歳未満の人や65歳以上の人も使用は好ましくないとされています。

プリリジーは食事の影響を受けないというのもメリットで、服用のために食事を我慢する必要はありません。

とはいえ、アルコールとの相性が悪い薬ですので、お酒は飲まないようにしましょう。
注意点はありますが、正しく使えば良い効果が得られますし、安全性の高い薬です。
健康な人は特に問題はないと言えますが、治療中の人は慎重に使用していきましょう。

プリリジーは5時間程度の持続時間ですので、性行為の1~3時間前程度に飲みます。
早漏とEDのどちらもの悩みを抱える人も多いですが、ED治療薬との併用も可能です。
ダポキセチンは食事の影響を受けにくい成分ですが、ED治療薬は食事の影響を受けるものもありますので、併用する場合は注意が必要です。

早く効果を出したいなどの理由で過剰に飲むことも良くありませんので、使用量は守りましょう。
吐き気や頭痛などの副作用が出る可能性もありますが、その確率は低いとされていますされています。

プリリジーは24時間で体外に排出されますので、副作用が出た場合も、薬の効き目が切れるともに改善されていきます。

もしも服用後に副作用が強く出る、症状がなかなか収まらないという場合は、一旦使用をやめ医師に相談することがおすすめです。
正規品を利用することも大事ですので、通販などで入手する際は信頼性の高いサイトを選びましょう。