• ホーム
  • プリリジーって早漏専用?射精コントロールの仕組み

プリリジーって早漏専用?射精コントロールの仕組み

早漏の悩みは男性自身が性行為を楽しめないだけに留まらず、相手の女性にもつまらない思いをさせてしまう厄介なものです。
これから気持ちよくなってくると思ったら射精されて終わりになるわけですから、中途半端な状態になってしまいます。
早漏に対して理解のある女性もいますが、不満が募るようになって別れにつながるケースも少なくありません。
自分が早漏だと思っているのなら、早めに対処することが不可欠です。

早漏の悩みに対処するために、男性器のトレーニングに力を入れる男性もいますが、より手軽な方法が注目されています。
それは早漏治療薬のプリリジーを飲むことです。
薬やサプリメントに頼るのは嫌だと思う男性も多いわけですが、パートナーとの関係悪化を避けたいなら嫌だと思っている余裕はありません。
少しでも早く改善させなければならないのです。

早漏は自分が望んでいるよりも早いタイミングで射精してしまうことなので、改善させるには射精時間のコントロールをする必要があります。
とはいえ自分の意志と無関係に行われる射精は、時間を予測することができません。
薬やサプリメントで人為的に時間をコントロールすることが必須です。

プリリジーにはダポキセチンという有効成分が配合されていて、世界中の多くの国々で認可を受けています。
効果が出てくるまでの時間が短いのが特徴なので、トレーニングなどと比べて手軽な方法です。
プリリジー以外の方法で早漏を改善させることも可能ですが、プリリジー以外の方法ではどうしても時間がかかってしまいます。

なぜプリリジーを飲むと射精時間のコントロールができるのかというと、有効成分のダポキセチンが交感神経の働きを抑制し、性的刺激を伝わりにくくするからです。
短時間で性的刺激が伝わることで射精が早まってしまうため、性的な感覚を鈍らせることが必要になります。
極厚コンドームを使うのも1つの手ですが、プリリジーなら根本的な解決が期待できるのです。

射精時間が3~4倍になるとセックスの満足度は何倍?

自慰行為を楽しむだけなら、あっという間に射精してしまっても問題ありません。
ところがセックスをするとなると話は違います。
相手の女性に対する配慮が不可欠なので、できるだけ射精時間を延長させなければなりません。
長ければ長いほどよいという単純な問題ではないのですが、挿入してから数分で射精してしまうのは早すぎます。
この時間を数倍に延長させるために、プリリジーをしっかり飲むことが大切です。

プリリジー以外の方法で早漏改善を図ろうとしても、射精時間は伸びにくいです。
トレーニングを必死にやっていても、伸びにくいと感じる男性が少なくありません。
早漏改善・射精コントロールを図るためにはダポキセチンを上手に摂取することが不可欠なのです。
プリリジーとトレーニングをうまく組み合わせるのであれば、時間が伸びにくいということはなくなります。

射精時間がそれまでの3~4倍に延長されると、セックスの満足度も大きく変わります。
自分自身の快感が強まるのはもちろん、相手の女性も満足できるのです。
しかも単純な比例関係ではなく、射精時間が3~4倍に延長されればセックスの満足度は5倍以上になります。
男性としては射精できれば一応満足するわけですが、数倍もの差が出てくるとなれば努力して早漏改善を図る意味はあるのです。

プリリジーは効果が期待できるまでの時間が短いので、早く早漏を改善させたい人に向いています。
もちろん用法用量を守って飲むことが大原則なので、自分勝手な飲み方をするのは禁物です。
プリリジーは強い効果が出てくるダポキセチンが使われている薬なので、間違った飲み方をしていると副作用のリスクが高まります。
副作用が出てはセックスどころではなくなるため、満足度を高めるためにも飲み方の確認が不可欠です。