• ホーム
  • ジェネリック医薬品タダポックスはEDと早漏に効果!

ジェネリック医薬品タダポックスはEDと早漏に効果!

相手と話したくないカップル

タダポックスは早漏防止成分のダポキセチンが含まれていて、射精時間を3~4倍延長することが可能です。
早漏を防止するのにダポキセチンを30mg~60mg服用することになっていますが、タダポックスは60mgが含有されているので早漏改善するには十分な量です。
タダポックスを初めて服用する場合は体質に合うかまずピルカッターなどを使って半分にカットし、ダポキセチン30mgからスタートすると良いでしょう。
タダポックスはタダラフィルという成分があり、この成分はED治療や勃起薬として人気のシアリスに含まるる成分と同じものです。
しっかり勃起することができたり中折れや勃たないなど症状を改善することができ、硬いまま効果時間を維持することができます。
効果時間が長いことからパートナーとの関係も改善してくれるでしょう。

勃起成分のタダラフィルは10~20mgまで利用することが可能です。
タダポックスは20mg含まれているので効果は抜群で、もし初めてで不安な人は半錠飲むことで試してみることをおすすめします。
もし効果が弱いと感じたら1錠服用すると良いでしょう。

タダラフィルの勃起力をアップする効果時間は、30時間とかなり長時間効き目を発揮することができます。
早漏防止成分であるダポキセチンは5~6時間ぐらいあり、服用してから効果が出る時間は個人差がありますが、早い人で30分になります。
遅い人で1時間と言われているので、使用方法としてタダポックスを服用して性行為する際開始1~3時間前に服用しておくと安心です。

ダポキセチンはお酒といっしょに飲むと体質によっては悪酔いした状態になるので注意が必要です。
勃起成分のタダラフィルはアルコールなどの影響を受けないと言われていますが、早漏成分が影響を受けるかもしれないのでなるべくアルコールは控えることをおすすめします。
どちらの成分も食べ物に関して影響は受けません。
食事してからタダポックスを服用しても、早漏改善や勃起力を高める効果を発揮してくれるでしょう。
尚、脂っこいものの場合はタダポックスの吸収を阻害する可能性があるので控えめにした方が良く、より効果を実感することが可能です。

副作用が少ない?タダポックスの基本知識

タダポックスはED治療薬であるシアリスと早漏防止薬であるプリリジーの有効成分が含まれています。
タダラフィルやダポキセチンが含まれていて、タダポックスを飲むと勃起不全を改善したり中折れや早漏などの機能低下を解消することが可能です。
早漏防止成分のダポキセチンは副作用が少ないと言われていて、比較的安全と言われています。
まれに体質によっては消化不良や頭痛・吐き気などが起こる人もいるので注意が必要です。
飲み始めた初期の頃に吐き気を感じる人が多いですが、回数が増えるにつれ副作用は出なくなってくるでしょう。

勃起持続成分であるタダラフィルはシアリスと一緒の成分で、副作用が少ないのが特徴的です。
他の勃起薬より長時間緩やかに効果を発揮することができ、射精時間を延長することができます。

副作用として火照りや熱さ、吐き気や頭痛などがあげられますが、時間の経過と共に解消されるでしょう。
必ず副作用が出る人もいますが体質に合っていない可能性もあるので、その際は服用するか検討することをおすすめします。

タダポックスはED治療薬であるシアリスの有効成分のタダラフィルと早漏防止薬であるプリリジーの有効成分のダポキセチンが1錠に含まれているので効率良く利用することが可能です。
形は楕円で黄色の錠剤になっていて、水に溶けにくく穏やかに吸収され副作用が出にくいと言われています。
タダラフィルの主な副作用として火照りや頭痛、鼻づまりやめまいなどが報告されています。
症状が酷い場合は頭痛薬や鼻炎薬などを併用すると症状を軽減することが可能です。

ダポキセチンの副作用には下痢や吐き気、頭痛やめまい、睡眠障害などがあげられます。
使用方法としてコップ1杯の水を補給し服用すると効果が出やすく、副作用が起こりづらいと言われています。